巨木めぐり

如法寺のコウヤマキ

西会津町の大山まつりで有名な大山神社方面へ向かう途中、急な道を登りきると左側に 徳一大師が建立した鳥追い観音如法寺があります。

樹齢千二百年といわれるコウヤマキは徳一大師が同町安座の台倉山にある群生地から運び、植えたと伝えられる。

コウヤマキは平成十八年には秋篠宮悠仁様のお印となり脚光を浴びました。

反対側から見ると雪害かひどく保護活動がされてるとのことです。

元々木の上部は三つ又にわかれていたということだが避けた跡があり痛々しい。

ページトップへ